宅建士&行政書士の仕事人間!

宅建士&行政書士の資格を仕事に活かして頑張っています

〝新築か中古か〟

おはようございます☀😃
不動産系サラリーマンをしながら行政書士登録も受けた仕事人間の近藤です!

本日は、新居購入を検討されている方々の、永遠のテーマだと思います、〝新築か中古か〟について、書かせて頂こうと思います。

f:id:tkHoumu:20201111124651j:plain

最近、新居探しのお客様で、土地から購入して、新築住宅を一から建てるか、中古物件を購入して、内装や設備を自分好みにリフォームするか、迷ってご相談に来られる方が、増えた様に思います。

迷っているとは言え、よくよくお話しを聞いて行くと、予算面などで、ほぼ中古住宅に、心は傾いているものの、建物の耐震性やリフォーム費用にご心配を抱かれて、ご相談に来られている方が多い様に思います。

そこで、そもそも中古住宅を買ってリフォームをするメリットやデメリットとは、どのようなことがあるのでしょうか?
一番大きなものは、以下の様な感じではないでしょうか?

●メリット
【購入費用が安い】

中古住宅の一番のメリットは、同じような条件の新築物件より安く購入することができる点です。希望のエリアで、土地から購入して、新築住宅を一から建てる際には、予算をオーバーしてしまう様な場合でも、既存の中古住宅なら、物件の築年数などによって、予算内での選択肢も広がります。


●デメリット
【劣化に対する不安】

中古住宅を購入する際に、やはり気になるのが、建物の『劣化』だと思います。
たとえリフォームを行ったとしても、そもそも、新耐震基準で建てられていない様な建物で、耐震構造等の不安があるような物件や、目視で、建物の基礎などに大きなひび割れが、沢山あったり、建物の中に入った際に、明らかに傾きを感じるなど、経年劣化が激しい様であれば、今後、長く住み続ける事は、難しいかも分かりません。
戸建てであれば、後々、費用さえあれば、建て替えを行うこともできますが、分譲マンションでは、一個人だけの意見だけでは難しいこともあります。
そう言った事もあり、購入検討に踏み切れないといった方も多いです。

その様なメリット・デメリットを踏まえた上で、完全に私見となりますが、僕が考える〝新築か中古か〟に対する、意見を書かせて頂きます。
(今回は、戸建て住宅に絞って書かせて頂きます。)

まず、一番気になる点として、耐震性だと思います。
昭和56年6月から施行された、新耐震基準は、『震度5強程度の中規模地震では軽微な損傷、震度6強から7に達する程度の大規模地震でも倒壊は免れる』という、現在でも基準とされているものです。
耐震性を重視される場合は、昭和57年以降、もっと言えば、基準が変わったギリギリの築年数の物件ではなく、平成に入ってからの建物の方が、安心感があります。

また、木造の建物でも、元の所有者様が、しっかりと定期的にメンテナンスを行っていれば、相当な築年数を経過していても、内装や設備のリフォームをすれば、長く住み続けることもできます。
反対にメンテナンスが手付かずで、放置されていたりすると、築20年くらいでも、屋根や外壁からの雨漏りがあったり、基礎や柱がシロアリにやられていたり、腐食などで大きく損傷していることもあります。

補強や簡単な修繕を行えば、安心出来るレベルになるのであれば良いのですが、大規模な工事をしなければ、安心出来ない様な場合は、費用もかさみ、結果的に新築購入や建て替えをした方が良かったという結果になることもあります。

上記を踏まえて、僕が、中古住宅購入時のアドバイスをさせて頂くとしますと、
①平成以降の築年数の建物。
②メンテナンスの記録(リフォームや予防修繕をされた際の見積書や請求書でも可)が残っている建物。

この2点は、最低限、重視したいとお伝えさせて頂きたいと思います。

その他、リフォーム費用に関しては、リフォーム業者様によって、得意、不得意の工事がある業者様も多く、リフォーム費用の総額見積をしてみると、A社さんと、B社さんで、大きく違う金額になる事もありますので、購入以前に、複数社から、同じ工事内容でのお見積もりを取る事をお勧めします。
(当然、売主様や仲介業者さんに、了承を貰ってからにはなりますが。)

僕自身は、中古住宅には、大きな魅力を感じています。日本は、人口減少により、どんどん空き家が増えていて、社会問題にもなっていますが、改修して利用を促進する事も、僕達、不動産に関わる仕事をしている者の努力義務だと考えています。

それでは、本日はこのくらいにさせて頂きます。

次回も引き続き、当ブログを読んで頂けます様宜しくお願いします🤲


プライバシーポリシー
個人情報の利用目的
当ブログでは、お問い合わせや記事へのコメントの際、名前やメールアドレス等の個人情報を入力いただく場合がございます。
取得した個人情報は、お問い合わせに対する回答や必要な情報を電子メールなどをでご連絡する場合に利用させていただくものであり、これらの目的以外では利用いたしません。
広告について
当ブログでは、第三者配信の広告サービス(Googleアドセンス、A8.net)を利用しており、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、クッキー(Cookie)を使用しております。
クッキーを使用することで当サイトはお客様のコンピュータを識別できるようになりますが、お客様個人を特定できるものではありません。
Cookieを無効にする方法やGoogleアドセンスに関する詳細は「広告 – ポリシーと規約 – Google」をご確認ください。

アクセス解析ツールについて
当ブログでは、Googleによるアクセス解析ツール「Googleアナリティクス」を利用しています。このGoogleアナリティクスはトラフィックデータの収集のためにクッキー(Cookie)を使用しております。トラフィックデータは匿名で収集されており、個人を特定するものではありません。
コメントについて
当ブログへのコメントを残す際に、IP アドレスを収集しています。
これはブログの標準機能としてサポートされている機能で、スパムや荒らしへの対応以外にこのIPアドレスを使用することはありません。
なお、全てのコメントは管理人が事前にその内容を確認し、承認した上での掲載となります。あらかじめご了承ください。

免責事項
当ブログからのリンクやバナーなどで移動したサイトで提供される情報、サービス等について一切の責任を負いません。
また当ブログのコンテンツ・情報について、できる限り正確な情報を提供するように努めておりますが、正確性や安全性を保証するものではありません。情報が古くなっていることもございます。
当サイトに掲載された内容によって生じた損害等の一切の責任を負いかねますのでご了承ください。

著作権について
当ブログで掲載している文章や画像などにつきましては、無断転載することを禁止します。
当ブログは著作権や肖像権の侵害を目的としたものではありません。著作権や肖像権に関して問題がございましたら、お問い合わせフォームよりご連絡ください。迅速に対応いたします。

リンクについて
当ブログは基本的にリンクフリーです。リンクを行う場合の許可や連絡は不要です。
ただし、インラインフレームの使用や画像の直リンクはご遠慮ください。