目指せ!日本一〝賃貸不動産管理〟に詳しい行政書士

賃貸住宅の空室・地方の空き家問題と戦う行政書士

不動産売買時の〝抵当権〟の取扱い方について

おはようございます☀😃
不動産系サラリーマンをしながら行政書士登録も受けた仕事人間の近藤です!

本日は、住宅購入時などに金融機関の融資を受ける際に、その住宅などを担保として抵当権を設定したり、住宅ローン完済時に抹消したりする事について書かせて頂きます。
f:id:tkHoumu:20210326161958j:plain


まず、抵当権とは、債権者(銀行など金融機関等)が、債務者(購入者)と合意して、債務者(購入者)の家などに設定し、予定通りにお金を返済しなかった場合に、裁判所に申し立てて強制的に家などを競売し、優先的にお金を回収することなどができる権利です。

つまり、金融機関は、家などに抵当権を設定する事によって、お金を貸すリスクを最小限に抑えているという事です。

住宅ローンを返済中の家を売却する場合は、抵当権が付いていますので、一般的には、そのまま次の購入者に引渡しする事はありません。

売買する場合は、売主が売却によって得られた資金などで、住宅ローンを一括返済すれば、抵当権も抹消できますので、安心して、家を引渡しする事ができるようになります。
抵当権抹消手続きは、売買の所有権移転登記を行う司法書士先生に依頼するのが一般的です。

抵当権付きの家などを購入してしまった場合には、購入後に抵当権が実行されて、所有権を失うなどのリスクが考えられます。
買主側は、この様なリスクを避ける為に、購入する家などは、きちんと抵当権を抹消して貰ってから引渡しを受ける様にしなければなりません。

売買契約締結後に抵当権を抹消するという場合には、売買契約において、家などの引渡し・所有権移転時までに売主側で、抵当権を抹消することを定めておき、抵当権の負担のない状態で、不動産の所有権移転及び引渡しを受ける様にしましょう。

抵当権が付いている不動産かどうかは、一般的には、不動産登記簿謄本(登記事項証明書)を確認すれば分かりますが、住宅ローンの繰り上げ返済などで、予定より早く完済している場合でも、所有者側で抵当権抹消登記をしない限りは、不動産登記簿謄本(登記事項証明書)には反映されませんので、仲介をする不動産会社としては、売主に住宅ローンの返済が残っているかどうかの確認が必要です。

安全に取引をする為にも、不動産売買などの際には、専門家にご依頼される事をお勧め致します。

それでは、本日はこのくらいにさせて頂きます。

次回も引き続き、当ブログを読んで頂けます様宜しくお願いします🤲



プライバシーポリシー
個人情報の利用目的
当ブログでは、お問い合わせや記事へのコメントの際、名前やメールアドレス等の個人情報を入力いただく場合がございます。
取得した個人情報は、お問い合わせに対する回答や必要な情報を電子メールなどをでご連絡する場合に利用させていただくものであり、これらの目的以外では利用いたしません。
広告について
当ブログでは、第三者配信の広告サービス(Googleアドセンス、A8.net)を利用しており、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、クッキー(Cookie)を使用しております。
クッキーを使用することで当サイトはお客様のコンピュータを識別できるようになりますが、お客様個人を特定できるものではありません。
Cookieを無効にする方法やGoogleアドセンスに関する詳細は「広告 – ポリシーと規約 – Google」をご確認ください。
アクセス解析ツールについて
当ブログでは、Googleによるアクセス解析ツール「Googleアナリティクス」を利用しています。このGoogleアナリティクスはトラフィックデータの収集のためにクッキー(Cookie)を使用しております。トラフィックデータは匿名で収集されており、個人を特定するものではありません。
コメントについて
当ブログへのコメントを残す際に、IP アドレスを収集しています。
これはブログの標準機能としてサポートされている機能で、スパムや荒らしへの対応以外にこのIPアドレスを使用することはありません。
なお、全てのコメントは管理人が事前にその内容を確認し、承認した上での掲載となります。あらかじめご了承ください。
免責事項
当ブログからのリンクやバナーなどで移動したサイトで提供される情報、サービス等について一切の責任を負いません。
また当ブログのコンテンツ・情報について、できる限り正確な情報を提供するように努めておりますが、正確性や安全性を保証するものではありません。情報が古くなっていることもございます。
当サイトに掲載された内容によって生じた損害等の一切の責任を負いかねますのでご了承ください。
著作権について
当ブログで掲載している文章や画像などにつきましては、無断転載することを禁止します。
当ブログは著作権や肖像権の侵害を目的としたものではありません。著作権や肖像権に関して問題がございましたら、お問い合わせフォームよりご連絡ください。迅速に対応いたします。
リンクについて
当ブログは基本的にリンクフリーです。リンクを行う場合の許可や連絡は不要です。
ただし、インラインフレームの使用や画像の直リンクはご遠慮ください。