目指せ!日本一不動産物件調査に詳しい行政書士

不動産賃貸管理・不動産の物件調査が得意な行政書士のブログです!

既存住宅の〝工法〟により、間取り変更〝リフォーム〟の自由度に差が出ます!

おはようございます☀😃
不動産系サラリーマンをしながら行政書士登録も受けた仕事人間の近藤です!

本日は、中古住宅を購入して、リフォームを行おうとする時に、その家の〝工法〟も確認しておいた方が良い理由について書かせて頂こうと思います。
f:id:tkHoumu:20210623153942j:plain

これから新居探しをしようと考えている方の中には、中古の一戸建てを購入して、リフォームをしようと考えられる方も多いと思います。

リフォームの内容として、築古の物件の場合、一部屋一部屋が小さく区切られている間取りが多く、例えば、ダイニングキッチンが狭いので、隣の部屋との間仕切り壁を取り払って、広いリビングダイニングキッチンに間取り変更をしようと考えられる方もいらっしゃると思います。
(あくまでも例えばですが…)

そういった場合、木造などの一戸建ての中には、間取り変更が難しい〝工法〟で建築されている物件がありますので、要注意です。

木造の場合、一般的によくある〝工法〟は、以下の2種類になります。
①木造軸組工法(在来工法)
②木造枠組壁工法

①の工法は、木造住宅の中では、最も一般的な工法で、柱と梁で上からの荷重を支えていて、柱と柱の間などに筋交いと呼ばれる補強材を斜めに入れて、地震などに備える工法です。
この工法の場合、柱・梁・筋交を取り除く事は難しいですが、それらが入っていない間仕切りの壁ならば、取り除く事が可能な場合が多く、間取り変更リフォームには適しています。

②は、2×4(ツーバイフォー)工法とも呼ばれますが、すごく簡単に書きますと、壁自体が建物を支える役割となっている為、既存の壁を簡単に取り除く事が出来なくなっています。
新たに耐力壁などを設ける事で、リフォームが可能な場合もある様ですが、素人考えの間取り変更を予定する事は危険です。

①と②以外に、『プレハブ工法』と呼ばれるものがあります。
これは、あらかじめ、住宅メーカーの工場などで、大量生産された部材を、建築現場で組み立てるという工法です。
鉄骨のプレハブ工法の場合は、木造在来工法と同様に、柱と梁で建物を支えている為、間取り変更リフォームが、し易い様です。

リフォームありきで中古一戸建てを購入したのに、リフォーム方法の制限が多くなり過ぎると、残念な気持ちになってしまうと思います。

そうならない為にも、出来れば事前に、売主さんから建築図面などの写しを頂いて、リフォーム業者さんに自分がしたいリフォーム工事が可能かどうかの確認をした上で、購入の意思表示をした方が良いと思います。

それでは、本日はこのくらいにさせて頂きます。

次回も引き続き、当ブログを読んで頂けます様宜しくお願いします🤲


プライバシーポリシー
個人情報の利用目的
当ブログでは、お問い合わせや記事へのコメントの際、名前やメールアドレス等の個人情報を入力いただく場合がございます。
取得した個人情報は、お問い合わせに対する回答や必要な情報を電子メールなどをでご連絡する場合に利用させていただくものであり、これらの目的以外では利用いたしません。
広告について
当ブログでは、第三者配信の広告サービス(Googleアドセンス、A8.net)を利用しており、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、クッキー(Cookie)を使用しております。
クッキーを使用することで当サイトはお客様のコンピュータを識別できるようになりますが、お客様個人を特定できるものではありません。
Cookieを無効にする方法やGoogleアドセンスに関する詳細は「広告 – ポリシーと規約 – Google」をご確認ください。
アクセス解析ツールについて
当ブログでは、Googleによるアクセス解析ツール「Googleアナリティクス」を利用しています。このGoogleアナリティクスはトラフィックデータの収集のためにクッキー(Cookie)を使用しております。トラフィックデータは匿名で収集されており、個人を特定するものではありません。
コメントについて
当ブログへのコメントを残す際に、IP アドレスを収集しています。
これはブログの標準機能としてサポートされている機能で、スパムや荒らしへの対応以外にこのIPアドレスを使用することはありません。
なお、全てのコメントは管理人が事前にその内容を確認し、承認した上での掲載となります。あらかじめご了承ください。
免責事項
当ブログからのリンクやバナーなどで移動したサイトで提供される情報、サービス等について一切の責任を負いません。
また当ブログのコンテンツ・情報について、できる限り正確な情報を提供するように努めておりますが、正確性や安全性を保証するものではありません。情報が古くなっていることもございます。
当サイトに掲載された内容によって生じた損害等の一切の責任を負いかねますのでご了承ください。
著作権について
当ブログで掲載している文章や画像などにつきましては、無断転載することを禁止します。
当ブログは著作権や肖像権の侵害を目的としたものではありません。著作権や肖像権に関して問題がございましたら、お問い合わせフォームよりご連絡ください。迅速に対応いたします。
リンクについて
当ブログは基本的にリンクフリーです。リンクを行う場合の許可や連絡は不要です。
ただし、インラインフレームの使用や画像の直リンクはご遠慮ください。