目指せ!日本一不動産物件調査に詳しい行政書士

不動産賃貸管理・不動産の物件調査が得意な行政書士のブログです!

子どもの頃からの〝読書〟が大切だと、今更ながらに感じています!

おはようございます☀😃
不動産系サラリーマンをしながら行政書士登録も受けた仕事人間の近藤です!

本日は、今では僕の趣味になっている〝読書〟で得たものについて書かせて頂こうと思います。
f:id:tkHoumu:20211225122424j:plain

以下ーー内は、2021年12月24日(金)付、Yahoo!ニュースより引用させて頂きました。
ーーーーーーーーーー
書籍販売、15年ぶりに増加 出版科学研究所調査、児童書好調

 2021年の紙の出版物(書籍と雑誌の合計)の推定販売金額は前年比約1%減の1兆2100億円台となることが24日、出版科学研究所(東京)の調査で分かった。だが書籍は児童書などが好調で、約2%増と15年ぶりにプラスに転じる見込み。

 同研究所によると、新型コロナウイルス禍の「巣ごもり需要」などを要因に、児童書、学習参考書に加えて文芸書、語学・資格関連の書籍が好調だった。業界で改善に取り組んでいる返品の減少も収益増に貢献した。

 一方で同研究所は「コロナ禍によってネット利用が増えるなど、社会の変化に出版がどう対応していくのか、局面を迎えている」としている。
https://news.yahoo.co.jp/pickup/6413326
ーーーーーーーーーー
僕は、40歳前後になるまで〝読書〟の大切さが分からず、子どもの頃や学生時代、また、社会人になってからも〝読書〟の習慣もなく、せいぜい、学生時代の国語や社会の授業で教科書を読んだとか、購入してまで読んだのは、大学の卒業論文を書く為に、現代経済に関する書籍を買って読んだ記憶くらいしかありません。

社会人になってから、毎朝新聞も届けて頂く様にしましたが、読む記事は、スポーツ面くらいという状態でした。

本や新聞を読むより、テレビやインターネットの方が、情報を得るだけなら簡単だと思っていたからだと思います。

では、何故40歳にもなってから読書をしだしたかと言いますと、その頃尊敬していた人が、読書好きだったからです。
とにかくその方の真似をしたいという気持ちが、読書を始めるキッカケとなりました。

読む本の内容は、仕事に関連した物がほとんどです。その頃から今まで、年間50冊くらいは読書をする様になりました。

それと新聞は、経済面や社会面など毎朝、一通り目を通すクセが付きました。

そういう暮らしをしていると、営業職としては、初めてお会いする人とも会話に困らないという良い現象が起こり始め、今では毎日、継続をしてブログを書ける様にまでなりました。

特に仕事に関しては、困った事が起きた時に、確か以前読んだ事のある、あの本に◯◯と書いていたなぁなど、知識の引き出しが、確実に増えていると思います。

その様に、生活や仕事に役立つ〝読書〟ですが、なかなか習慣にするのは難しく、僕自身、全く本を読まずに過ごして来た40年間が、今では勿体無く感じます。

参考書や資格本でも良いし、小説や雑誌でも良いと思いますが、紙の本を読む習慣は、人生に必ず役立つと思いますので、皆様にもお勧めしたいと思います。

それでは、本日はこのくらいにさせて頂きます。

次回も引き続き、当ブログを読んで頂けます様宜しくお願いします🤲


プライバシーポリシー
個人情報の利用目的
当ブログでは、お問い合わせや記事へのコメントの際、名前やメールアドレス等の個人情報を入力いただく場合がございます。
取得した個人情報は、お問い合わせに対する回答や必要な情報を電子メールなどをでご連絡する場合に利用させていただくものであり、これらの目的以外では利用いたしません。
広告について
当ブログでは、第三者配信の広告サービス(Googleアドセンス、A8.net)を利用しており、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、クッキー(Cookie)を使用しております。
クッキーを使用することで当サイトはお客様のコンピュータを識別できるようになりますが、お客様個人を特定できるものではありません。
Cookieを無効にする方法やGoogleアドセンスに関する詳細は「広告 – ポリシーと規約 – Google」をご確認ください。
アクセス解析ツールについて
当ブログでは、Googleによるアクセス解析ツール「Googleアナリティクス」を利用しています。このGoogleアナリティクスはトラフィックデータの収集のためにクッキー(Cookie)を使用しております。トラフィックデータは匿名で収集されており、個人を特定するものではありません。
コメントについて
当ブログへのコメントを残す際に、IP アドレスを収集しています。
これはブログの標準機能としてサポートされている機能で、スパムや荒らしへの対応以外にこのIPアドレスを使用することはありません。
なお、全てのコメントは管理人が事前にその内容を確認し、承認した上での掲載となります。あらかじめご了承ください。
免責事項
当ブログからのリンクやバナーなどで移動したサイトで提供される情報、サービス等について一切の責任を負いません。
また当ブログのコンテンツ・情報について、できる限り正確な情報を提供するように努めておりますが、正確性や安全性を保証するものではありません。情報が古くなっていることもございます。
当サイトに掲載された内容によって生じた損害等の一切の責任を負いかねますのでご了承ください。
著作権について
当ブログで掲載している文章や画像などにつきましては、無断転載することを禁止します。
当ブログは著作権や肖像権の侵害を目的としたものではありません。著作権や肖像権に関して問題がございましたら、お問い合わせフォームよりご連絡ください。迅速に対応いたします。
リンクについて
当ブログは基本的にリンクフリーです。リンクを行う場合の許可や連絡は不要です。
ただし、インラインフレームの使用や画像の直リンクはご遠慮ください。