目指せ!日本一〝賃貸不動産管理〟に詳しい行政書士

賃貸住宅の空室・地方の空き家問題と戦う行政書士

〝みなし道路〟ってどんな道路⁈

おはようございます☀😃
不動産系サラリーマンをしながら行政書士登録も受けた仕事人間の近藤です!

本日は、建設・不動産業界にいない方には、あまり聞き馴染みがないと思いますが〝みなし道路〟という種類の道路について書かせて頂きます。
f:id:tkHoumu:20210403185028j:plain


いきなり〝みなし道路〟と言われても、どんな道路か分からない方がほとんどだと思います。
この〝みなし道路〟とは、2項道路のことを指します。
それでは、この〝2項道路〟とは、何かと言いますと、建築基準法で定められた道路になりますが、『建築基準法第42条2項』に定められた道路なので、一般にこう呼ばれています。

建築基準法により、建築物の敷地は『幅員4m以上の道路に2m以上の長さで接していなければならない』と定められています。
(一定の道路に接していない土地には、建物が建てられない事になっています。)

ただ、日本全国の現況では、幅が4mに満たない道路が多数存在しています。

ですので、次の1~3の条件を満たせば、その道路を『建築基準法上の道路とみなす』という救済措置が設けられています(建築基準法第42条第2項)。
1.幅が4m未満の道であること。
2.建築基準法が適用された際にその道に現に建築物が立ち並んでいたこと。
3.特定行政庁(知事や市長)の指定を受けたことでの救済措置による道路のこと。
これらを、その条文名にちなんで、『2項道路』と呼んでいます。
こうした2項道路に面している土地については、道路中心線から2m以内には建築ができないという制限(セットバック)があるので、お家を建てる為の土地購入の際には、特に気をつけないといけません。
『セットバック』と言っても、こちらも聞き慣れない言葉かも知れません。
『セットバック』は、道路に面している敷地を道路の中心線から2m後退させることを言います。
そうする事によって、建築基準法に則った道路としてもよいという規定の仕方をしているため、これができない場合は、建物を建てることが認められません。

例えば、現在『セットバック』をせずに建っている古い建物がある場合でも、それを建て替えするときには、道路の中心から2m、敷地を後退させなければなりません。

そして、『セットバック』した部分の敷地の所有者は、その敷地の所有者には変わりありませんが、建築基準法上は道路とされてしまいます。

◯◯㎡の土地という様に売られていても、『セットバック』しなければならない場合には、建築出来る部分の面積が減るという事ですので、元々考えていた家の配置やデザインで、建築出来なくなる事もありますので、『セットバック』が必要な土地を購入する際には、建築会社にもきちんと相談をして、確認をして貰った方が良いです。

車に乗られる方にとって、狭い道路は、ストレスになるかも知れませんが、その土地が、近隣相場より割安で売られているなどのメリットも考えられます。
土地探しは難しいですが、色々なケースを想定しながらご検討される事をお勧め致します。

それでは、本日はこのくらいにさせて頂きます。

次回も引き続き、当ブログを読んで頂けます様宜しくお願いします🤲


プライバシーポリシー
個人情報の利用目的
当ブログでは、お問い合わせや記事へのコメントの際、名前やメールアドレス等の個人情報を入力いただく場合がございます。
取得した個人情報は、お問い合わせに対する回答や必要な情報を電子メールなどをでご連絡する場合に利用させていただくものであり、これらの目的以外では利用いたしません。
広告について
当ブログでは、第三者配信の広告サービス(Googleアドセンス、A8.net)を利用しており、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、クッキー(Cookie)を使用しております。
クッキーを使用することで当サイトはお客様のコンピュータを識別できるようになりますが、お客様個人を特定できるものではありません。
Cookieを無効にする方法やGoogleアドセンスに関する詳細は「広告 – ポリシーと規約 – Google」をご確認ください。
アクセス解析ツールについて
当ブログでは、Googleによるアクセス解析ツール「Googleアナリティクス」を利用しています。このGoogleアナリティクスはトラフィックデータの収集のためにクッキー(Cookie)を使用しております。トラフィックデータは匿名で収集されており、個人を特定するものではありません。
コメントについて
当ブログへのコメントを残す際に、IP アドレスを収集しています。
これはブログの標準機能としてサポートされている機能で、スパムや荒らしへの対応以外にこのIPアドレスを使用することはありません。
なお、全てのコメントは管理人が事前にその内容を確認し、承認した上での掲載となります。あらかじめご了承ください。
免責事項
当ブログからのリンクやバナーなどで移動したサイトで提供される情報、サービス等について一切の責任を負いません。
また当ブログのコンテンツ・情報について、できる限り正確な情報を提供するように努めておりますが、正確性や安全性を保証するものではありません。情報が古くなっていることもございます。
当サイトに掲載された内容によって生じた損害等の一切の責任を負いかねますのでご了承ください。
著作権について
当ブログで掲載している文章や画像などにつきましては、無断転載することを禁止します。
当ブログは著作権や肖像権の侵害を目的としたものではありません。著作権や肖像権に関して問題がございましたら、お問い合わせフォームよりご連絡ください。迅速に対応いたします。
リンクについて
当ブログは基本的にリンクフリーです。リンクを行う場合の許可や連絡は不要です。
ただし、インラインフレームの使用や画像の直リンクはご遠慮ください。